どうしてもお金が借りたいのに借りれない方のための.com

どうしてもお金が必要なのに、お金を貸してもらえない・どこからも借りれない・どこも審査に通らない。それでも借りれるところがわかるサイトはココ!

少額借りる

1万円・2万円・3万円の少額だけでも借りれます!

更新日:

1万円・2万円・3万円の少額でも融資は可能!?

日本貸金業協会の調べでは、約1,400万の人がキャッシングを利用していると言われてます。不景気はもちろんのことですが、コンビニATMでも借り入れ可能なことから、キャッシングがとても身近なものとなっているのです。
ひょっとしたら、もう利用されている方もいるかもしれませんね。

キャッシングと聞くと、大きな金額を借りる人ばかり...と思いませんか?
実は、そうではなく、1万・2万・3万という少額だけを借りる方も多く、生活費に充てているようです。

少額融資

10万円も必要ないけれど、1万円/2万円/3万円の少額だけ融資希望の方へおすすめはこちらです。

ここは、お金が必要なときにさっと借りれることで人気を集めています。20,000円や30,000円といった少額が必要な時は、たいてい時間がないときではないでしょうか。夕飯の買い物、子どもの習い事の月謝、病院代など突発的、急にお金が必要になるときだと思うのです。

1万円・2万円・3万円の使い道実例

子どもの保育料に30,000円
クレジットカードの支払い代に20,000円
職場の飲み会代に10,000円
具合が悪くて病院代に10,000円

他にも、遊ぶお金が欲しいから、光熱費が払えないから、給料日前で金欠、習い事の月謝が払えない、税金が払えない、など十人十色。様々な理由でお金を借りたいという方が申込をされています。
どの事由も、のちの生活に影響してくることばかりですよね。
保育料を払わなければ、退園になります。
クレジットカードの支払いを滞納してしまうと、利用停止あるいは契約解除になります。
飲み会代がないからと断り続ければ、コミュニケーションがうまくいかず職場で孤立してしまいます。これでは、仕事もやり辛くなり、はかどりません。
遊ぶお金は我慢できるかもしれませんね...
光熱費を納めなければ、ガスは止まり、電気も止まり、最後に水道も止まってしまいます。
納税も大事なことで、滞納してしまうと大変なことになります。


なにより、お金の問題は信用問題に直結してしまいます。
人間性をも疑われることに...

まとめ

利用者の多くが、生活費の借入でお金を借りています。そして、驚くことに、お金に困っていない社長さんがお金を借りることも!!目的はギャンブルです。不思議ですよね。

生活費を借りるのは資金使途自由のフリーローンというプランですが、他にも事業の運転資金や開業資金といったお金が借りれるビジネスローンもあるので、経営不振で困って事業資金を借りられる方もおられます。

また、あちこちからの借金を一つにまとめて、毎月の返済をわかりやすくしたい方むけのおまとめローンがあったり、会社によっては、女性が借り易いレディースローンというプランを用意している所もあります。
こんな感じでプランがたくさんあるように、借入額も1万円といった少額から、500万円を超える高額など様々、色んな理由で色んな方が利用しているのが現状です。

多くの方が利用している消費者金融ですが、すでにお金を借りていて他に借りれる所を探しているという方もおられると思います。そんな方におすすめしたいところがこちらです。

 


他でもお金を借りていて、まだ借りれるかどうか不安な方に
おすすめできるところもありますよ。

 
 

★ あなたはキャッシングを利用したことがありますか?どんな理由でお金を借りましたか?よかったら教えてください!
  • 生活費を借りたことがある (100.0%)
  • 飲み代を借りたことがある (0.0%)
  • 引越し代を借りたことがある (0.0%)
  • 教育資金を借りたことがある (0.0%)
  • 事業資金を借りたことがある (0.0%)
  • その他の理由で借りたことがある (0.0%)
  • 利用したことはない (0.0%)

 
 

-少額借りる
-, , , , , ,

Copyright© どうしてもお金が借りたいのに借りれない方のための.com , 2019 All Rights Reserved.